選挙人論争

- Category - 未分類

オレゴン州では、一人の選挙人だけが論争になった。
全州での結果は明らかにヘイズを支持していたが、州の民主党知事ラファイエット・グロバーは、その選挙人の前郵便局長ジョン・ワッツが「委託された職にある人でありすなわち合衆国の元で利益を得る人であるために、憲法の第2条第1節の不適格者と主張した。
グロバーは続いてワッツの代わりに民主党の選挙人を入れ替えた。
2人の共和党選挙人はグロバーの行動をはねつけて、それぞれがヘイズに3票と報告したが、民主党の選挙人C・A・クローニンは1票がティルデン、2票がヘイズと報告した。
2人の共和党選挙人は州務長官の署名がある証明書を提出した。
クローニンと彼の指名した選挙人2人は知事の署名があり州務長官によって証明された証明書を使った。