及川奥郎

- Category - 未分類

及川奥郎は、第二次世界大戦前に小惑星を複数発見した日本の天文学者である。
岩手県出身。
1920年に東京大学理学部天文学科を卒業後、東京府三鷹にあった東京天文台において技師として働いていたが、1927年から1929年にかけて計8つの小惑星を発見した。
三鷹を始め、いずれも関東地方各地の地名から採った名前が付けられている。
1950年に定年退職した。
及川は彼の姓に因んで命名された。