全国戦没者追悼式

- Category - 未分類

全国戦没者追悼式は昭和27年4月8日の閣議決定により、同年5月2日に新宿御苑で昭和天皇・香淳皇后の臨席のもとで行われたのが最初である。
第2回は昭和34年3月28日にやや変則的に実施され、その後昭和38年に日比谷公会堂で8月15日に、昭和39年には靖国神社で8月15日に開催。
翌昭和40年から日本武道館にて8月15日に行われるようになり、現在に至っている。
追悼の対象は第二次世界大戦で戦死した旧日本軍軍人・軍属約230万人と、空襲や原子爆弾投下等で死亡した一般市民約80万人である。
式場正面には「全国戦没者之霊」と書かれた白木の柱が置かれる。