オスカーワイルドのブラック

- Category - 未分類

オスカーワイルドは、「私は天国に行きたくない。私の友人は誰もそこにいないだろうから」と言っている。
ブラックな発言だ。
彼は1881年暮に出航し、翌年暮までアメリカ各地で講演をして稼ぎ、また、ロングフェロー、オリヴァー・ホームズ、ホイットマンと知り合った。
アメリカ行きは、彼の派手すぎる芸術家気取りと身なりが遠因で、それをからかうウィリアム・ギルバート/アーサー・サリヴァンのサヴォイ・オペラ、『忍耐、又はバンソーンの花嫁』がイギリスで当たり、それをニューヨークで再演する前宣伝に、招かれたという。