ネルソンマンデラ

- Category - 未分類

南アフリカ共和国の政治家であり、反アパルトヘイトの活動家だったネルソンマンデラ。
1960年代に国家反逆罪で逮捕され、27年間の投獄生活を送る。
釈放後は、アフリカ民族会議(ANC)の副議長→議長をつとめ、1993年にノーベル平和賞を受賞。
翌94年の4月、南アフリカ初の全人種参加選挙にて、第8代の大統領に就任した。
マンデラ語録には、人間の弱さをまず認め、その上でそれを克服していく事の大切さを説いたものが多い。
生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。
転ぶたびに起き上がり続けることにあるとか、勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだという名言がある。