ラプラタ沖海戦

- Category - 未分類

ドイツ海軍の戦力はイギリス海軍に対して劣っていたため、第二次世界大戦では通商破壊を基本戦略とした。
ポケット戦艦アドミラル・グラーフ・シュペーは第二次世界大戦開戦前の1939年8月21日に、同型艦のドイッチュラントはその3日後に、それぞれドイツ・ヴィルヘルムスハーフェンを出港した。
9月3日の開戦時にはアドミラル・グラーフ・シュペーはアゾレス諸島南方沖に、ドイッチュラントはグリーンランド沖にあった。
通商破壊戦は9月24日に許可された。
アドミラル・グラーフ・シュペーは9月30日にペルナンブコ沖でイギリス商船クレメントを撃沈したのを最初に、10月5日にセントヘレナ島北でニュートン・ビーチを捕獲、7日にアシュリーを撃沈、10日にハンツマンを拿捕した。
10月14日に補給艦「アルトマルク」と合流し、16日に補給を受けた。